糖尿病は食事や医療で治療│病気知らずホスピタル

介護

成人病の改善

糖尿病

看護師

まず初めに糖尿病とは血糖値が異常に高くさまざまな障害で出てしまう病気で大きく分けると1型、2型の糖尿病が存在する。 その他にあるのが免疫抑制剤などを長期間使う事に副作用としてステロイド糖尿病と呼ばれるものもある。 1型の方は体質的にインスリンの分泌の量が減り、意図的に注射でインスリンを打たなければならない状態で体型の細い方や生まれつきなっている人もいる。 2型は食生活などで自身の持っているインスリン分泌能力より摂取する糖質が増え、どんどん体に血糖値として上がっていく人である。 1型と2型もあまりにも血糖値が高いのが続くと血液がドロドロになり血管内部を傷を作るので、指先などの毛細血管から壊死や視神経に傷つき失明などになることがある。

改善するには

糖尿病を改善するにはインスリンを分泌する脾臓を休めたり、食生活を正す食事療法など様々である。 食事療法の目的としては体重を標準体型に近づけば近づくほど血糖を下げるインスリン量が減るために血糖が下がりやすくなるのと血糖を上げる糖質に変わる成分を極力減らすのが目的である。 糖質は主に炭水化物や糖分が体の中で糖質として体に分解と吸収される。 糖質の他に脂質やタンパク質も血糖値には影響するが炭水化物や糖分は早く血糖値に影響するために食事をする時は炭水化物、糖分は一番最初に食べるより、野菜などサラダを先に食べて炭水化物などを取ると血糖値は緩やかに上がるなどのデータがある。 サラダなどで食物繊維を食事の前に取る事が栄養士から勧められる事もある。